「いま稼ぐ」ならアルバイト・「これから稼ぐ」ならネット副業

今から始めるネットの活用

「今お金が欲しい!」という人が多いですが、今お金が欲しいならアルバイトをした方が「圧倒的」に稼げます。

理由は簡単で「掛けた時間分のお金をくれるから」です。

自分で何かを売ったことがある人なら分かりやすいこととして、「売れなければお金にならない」です。

ネットを使えば儲かると思う人は少なくなっていると思いますが、ネットを使って「掛けた時間相応のお金」を稼ぐことはすぐには無理です。

ネットの稼ぎ方のセミナーを5万円で受けても、5万円を今すぐ稼げません。

5万円でホームページやブログを作っても、5万円は稼げません。

5万円を使うのは簡単なのに、5万円を稼ぐのはめっちゃ大変です。

これが本当の事です。

いつかは5万円ぐらいなら稼げるのでは?と思いたいですが、継続的に積み上げていかないと5万円を稼ぐどころか100円も稼げません。

転売なら多少即金になるお話は「転売のコツと儲け方、普通の人が儲けるために必要なこと」でしました。

でも、これは儲かっていると言うより、身のまわりのモノを換金するお話です。

転売で儲けるには元手を掛けないために誰かから貰うか、激安で手に入れるか、目利きが出来るかです。

転売でもネットの副業でも未経験なら稼げません(未経験OK!みたいな情報に踊らされない)。

ネットで副業や商売をしようと思うときは「時間が掛かるもの」と認識しておいた方が良いです。

やっていれば、経験も積み上がり、効率も良くなり、数千円から数万円ぐらいは稼げるようになります。

数十万円は運が作用しますし、積み重ねの実績で変わります。

今まで何もやっていなくて、ネットを使おうとするなら、当面の目標は数千円です。

身のまわりのモノを売るとかでは無く、数千円を「生み出す(稼ぐ)」となれば、本当に大変なんです。

だからこそ、稼ぎたいならまずはアルバイトが最短です。(日払いを選ぶのも有り)

でも、アルバイトだけだと先に繋がりませんし、ネットで稼ぐに関連がなくなります。

今必要なのはタイトルにあるとおり「いま稼ぐ」と「これから稼ぐ」です。

「いま稼ぐ」に対してネットの仕事はあまり適していないです。

ネットの仕組み上、ネットで何かをやるとなると結果が出るまで時間が掛かるからです。

だから、ネットの仕事は「これから稼ぐ」ために積み重ねが必要になります。

ネットで稼ぐ上で一番簡単なのはグーグルアドセンス(サイトを開いたときに出てくる広告)です。

審査はありますが、普通の内容でそれなりに更新していれば大丈夫です。

長く続けていれば、月に数千円とか入ってきます。

内容が他人に求められるようなものであれば、数万円いくようになるかもしれません。

でも、「いま」じゃないことがネックです。

ここを勘違いして「自分はネットで稼ぐから仕事を辞める!」みたいに言ってた人がいたのが2019年ぐらいまででした。

今はさすがにいないと思います。

ネットはうまくはまると稼げる手段になりえますが、今すぐお金が欲しいときはアルバイトです。

そうやって今すぐのお金を稼ぎなら、「時間を作って」こつこつと作業をしていくと、だんだんと収益が出てくるようになります。

タイトルとURLをコピーしました