ドメインを取得したらレンタルサーバーを取得する

今から始めるネットの活用

ドメインを取得するなら、レンタルサーバーも必要になるので、この二つはセットになります。(参考:「ブログを始めるならドメインの取得からスタート」

(私が取得を代行する場合はドメインの取得の時と同様で、ドメイン・レンタルサーバー+ブログ開設の3つセットで実費+5000円になります。)

今回はレンタルサーバーの選び方です。

「レンタルサーバー」とは、ネット上にある自分のパソコンだと思ってください。

それが多分理解しやすいです。

では本題。

主なレンタルサーバーはこんな感じ(他にもたくさんある)

私がこれまで使ってきているサーバーは
ロリポップ
コアサーバー
さくらインターネットサーバー
カゴヤのレンタルサーバー
エックスサーバー
※2020年5月現在でメインに使っているのはコアサーバーとカゴヤ以外です。。

レンタルサーバーはネット上のパソコンであり、ネット上の自分の借地と言っても良いかも知れません。

インターネット上に自分用の土地を貸してくれるサービスです。(だから、レンタルって言葉が付いてます)

安いところでは月に500円ぐらいで、年間6000円ぐらいですが、出来れば月に1000円前後ぐらいで、年間1万2000円前後ぐらいのレンタルサーバーをお勧めしています。

エックスサーバー は年間1万2000円ぐらいです。(初期開設費用を足すと初年は15000円ぐらい)

サポートをしている人には全てエックスサーバーをお勧めしています(安定感と安心感、使い勝手が良いので)

基本的に速度と安定感、使いやすさを基準にすると、エックスサーバーかロリポップが残ります。

ロリポップは安くて使いやすい、エックスサーバーは少し高いけれど安定さが違う感じです。

ロリポップは素人にとても使いやすいインターフェース(操作画面)なので、その他のサーバーを圧倒的に上回ります。

この表示速度はエックスサーバーの方が上だと思います。

表示速度は年間利用料に比例する部分がある

この表示速度とは、インターネットで自分のブログやサイトが表示される速さのことですが、速いほうが良いです。

一度訪問してくれていれば、二度目以降はキャッシュ(一時保存機能)が効くために速く表示されるものもありますが、最初の訪問で大体勝負が決まりますので、表示速度は大事です。

レンタルサーバーを借りると良い点が大きく3つあります。

1.ドメインを使ってブログやサイトを運営出来る(ドメインだけではブログもサイトも運営出来ない。必ず土地となるサーバーが必要)
※ただし、無料ブログを提供している会社で自分のドメインを使わせてくれるところもあります(「はてなブログ」など)

2.自分専用のメールアドレスをつくることが出来、基本的に無限に出来る(フリーメールアドレスからおさらば♪)

3.レンタルサーバーを使ってデータを保管しておくことも、一応出来る

ドメインは表札と同じですので、それだけでは役立たないのですが、サーバー(土地)を持つ事で家を建てる(ブログやサイト)ことが出来ます。

ドメインとサーバーは一対みたいなものですので、どちらも必要ですが年間1万5000円もあれば十分

意外と有り難いのが自分専用のメルアドがつくれることです。

特に自分で決めたドメインでメルアドがつくれますので愛着がわきますし、これから先、ヤフーメールやgmailなどで障害が起きたからといってトラブルに惑わされることもなく、安定して活用できます。

3のデータ保管についてですが、これは私が良くやっているのですが、お客様に何かデータをお渡しする時に、サーバーにデータを上げて直接ダウンロードして貰ったりしています。

この辺の理屈は実際に使ってみないと分からないと思いますが、そういうことも可能って事です。

もし一念発起してやってみようと思われる場合は、とりあえずエックスサーバー をお勧め致します。

エックスサーバー にはいくつかプランがありますが、X10プランで十分です。

ワードプレス(ブログ)もインストール出来ますし、SSLの設定も無料で出来ます。

タイトルとURLをコピーしました