ブログで儲けるより、ブログで知って貰う

今から始めるネットの活用

ここのところの仕事の流れでネットの商売は「結局、昔と同じなのかな~」と思うことがあります。

それが「ブログはコツコツ更新してこそだな」と。

コツコツ系のブログは、自分がやっているサービスなど、売りたい物がある場合に力を発揮します。

自分がやっていることを日々ブログに載せていくことで、何かの拍子に人が来てくれます。

今のグーグル検索・ヤフー検索はよく出来ています。

何かをやっていて、それに関心を持って貰いたい時、ブログは人を集めてくれる手段になってくれます。

一方でブログで稼ごうとなると格段に難しくなります。

ブログで稼ぐとなると、アフィリエイト(楽天とかアマゾンとかも含む)とかになりますが、私は芽が出ないな~。

最初の成果が発生するのに何ヶ月も掛かります。

成果が発生し始めると何年経っても上下はあるけれど成果が出続けるメリットはありますが、月に数万ぐらいにしかならないので、何ともかんとも。

ブログで紹介をし、サービスに申し込んで貰う、何かを買って貰うのはアフィリエイトも自分で何かを売るのも同じです(アドセンスのネット広告はもう少し敷居が低いですが、とにかく人を集める必要があります)。

同じはずなのに、自分のサービスを知って貰って購入して貰うのと、他のサービスを紹介して買って貰うのは随分違います。

自分で売る物の方が利益も大きいし、喜びも大きいことを考えると、ブログで儲けようとするよりも、ブログで知って貰った方が効率が良いですし、なによりもその方が楽ちんです。

紹介の仕方は様々有るにしても、自分の想いを文字にしていけば良いだけだからです。

ブログを通して、何かを売りたい時は、自分の想いを言葉にしていけば、その言葉に応えてくれる誰かが出てくるのもブログの良い所です。

何かに迷うようなら、ブログに想いを積み重ねていくと良いです。

タイトルとURLをコピーしました