ブログを書けば稼げる?は幻想

今から始めるネットの活用

ブログを書いて集客をしている私が言うのも変ですが、ブログを書けば稼げるとは思っていません。

私は他にも運動ブログを作っていますが、びっくりするほどアクセスが集まらないです(笑)。

何年も続けていますが、収益化よりも「こういう情報を見たい」人向けに書いています。

結論、ブログは書けば良いというものではない♪

それにも関わらず、私は「想いがあるなら、やりたいと思うことがあるなら、ブログを今からでも始めてみては?」と提案しています。

売りたいものがあったり、提供したいサービスがある人が作るブログは、日記ブログにはなりません。(何かを始めたい!という場合も掘り下げていくことで、何を伝えたいかが見えてくることもあります)

上述の運動ブログは「今日の運動」みたいなブログですので、日記ブログです。

これだけでも人が集まらないイメージが出来ると思います(笑)。

何か特徴がある(格好いい人、可愛い人がやってるなど)なら別ですが、普通の人の運動ブログですと、需要は低いです。

この「需要」にポイントがあります。

提供したい何かを持っている人のブログは、それが今はまだ商売になっていなくても、売れたという実績が無くても、その「何か」を必要とする人のための内容が書けるようになっていきます。

最初のうちはよく分からない内容、自己満足の内容になりやすいですが、それはチェックしてもらったり、経験を積み上げていく中で修正されていきます。

こつこつとブログを書いていくことで、伝えたいことが洗練されていき、求める人に届き始めます。

これがブログの良い所です。

ブログはネット上の検索システムの中に存在するので、情報を探そうとしている人に届きやすい仕組みが既に出来ています。

SNSなども同じように出来ますが、ネットで作業を始めたばかりの人にとって難易度が高いです。

ブログに伝えたいことを書き続けていく中で、売りたいもの・提供出来るものも載せていくようにします。

そうすると、だんだんと問い合わせが入ったり、売れたりするようになります。

この流れを短縮して言葉にすれば「ブログで儲けられる」となりますが、実際の所は「需要のあるブログを続けていたら売れるようになる可能性が高まる」という感じです。

需要があるかどうかは、あなたが売りたいもの・提供したいサービスがあなたにとって必要なものならば、需要はあります。

それなら、それについてブログを始める理由は十分あります。

タイトルとURLをコピーしました